クリニック紹介|名古屋市中区の整形外科 - 肩とひざの整形外科

〒460-0011 名古屋市中区大須4丁目10-40 カジウラテックスビル1階
052-253-6550
ヘッダー画像

クリニック案内

クリニック紹介|名古屋市中区の整形外科 - 肩とひざの整形外科

クリニックの概要

肩とひざの整形外科では、肩・膝などの関節疾患を中心に診断や治療を行っております。患者さんが悩まれている原因を追求し、それをリハビリで治す根治治療をベースに、関節鏡・人工関節外来では手術についてもご相談いただける環境を整えています。前十字靭帯再建術(ACL再建術)、半月板縫合術、膝蓋骨脱臼制動術(MPFL再建術)など関節鏡手術や高位骨切術(HTO)、肩・膝・股関節の人工関節置換術(TKA、TSA、Reversed TSA、THA)に力を入れております。当院では手術は行うことはできませんが、肩・ひざ 関節鏡・人工関節専門外来では手術を行う医師も診察を行いますので、他の病院で治らない、リハビリを続けても改善のないお困りの症状がありましたら気軽に相談いただけると幸いです。

患者さんには、「適切な診断」・「治療方針の決定」・「リハビリ治療」・「手術治療」・「術後リハビリ治療」全てにおいて、高水準の医療を提供し、痛みに辛い思いをしている方々やスポーツが思いっきりできない学生さんが完治することでより良い人生を歩んでいけるよう、スタッフ一同、全力を尽くしてまいります。

手術

手術は関節鏡による低侵襲治療を積極的に取り入れています。

手術

人工関節置換術においても痛みの低減を意識し、患者さんへの負担を最小限にすることで、術後のリハビリの「早期開始」・「早期退院」・「早期社会復帰」を目指しております。患者さんの症状をはじめ、年齢・生活習慣・職業等を十分に考慮し、患者さんの(生活の質)を高めることを最終目標とし、患者さん一人ひとりに応じた最適な治療法を選択しています。

専門外来の役割

専門外来の役割

関節の痛みに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
しかし、「時間がたてば、治るだろう」「年のせいで痛くなっただけ」と楽観的に自己判断し、近所にある整骨院やマッサージ店などに通い、適切な診断を受けず施術を受ける患者さんが多くいらっしゃるのが現状です。
接骨院やマッサージ店の施術が有効な患者さんも多くいますが、専門医の適切な診断を逃したことによって、後々重大な疾患が悪化してしまうケースもありえます。
例えば五十肩の疼痛期には無理にリハビリをするより、腫れ上がった関節包の刺激を抑えて肩甲骨の動きのリハビリのみにするなど、診断せず治療することで却って悪くなってしまうこともあり得ます。
当院では、専門医が早期に適切な診断・治療を行うことでより、患者さんの身体への負担の少ない治療/手術の選択を行っていきたいと考えております。
専門外来の役割は、関節の痛みに関する諸症状でお困りの方に対して正確に診断し、早期に治療方針を導き出すことだと考えております。
自己判断をせずに、痛みでお困りの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

治療方針

当院では、患者さんの“声”を大切にしております。
「今何に困っているのか」・「痛みがあるのか?・「どのようなときに痛むのか」など、しっかりと伺い、病態と患者さんのご要望をお伺いし、一人ひとりにあった、治療方針を検討していきます。

当院の治療方針3つのポイント

POINT1:機能的診断で困っているポイントを見極めます。
POINT2:必要に応じて、しっかりと検査をし、患者さんの病態を見極め、診断を行います。
POINT3:保存療法にて改善が見られなかったり、診断時に重篤な場合などは、手術治療をおすすめします。

手術について

手術と聞くと、だれでも不安に感じるものです。
当院では、そんな患者さんの不安を最大限取り除くことができるように、
「治療のメリット・デメリット」・「治療に要する期間」などを、患者/患者さんのご家族にしっかりと理解していただけるようわかりやすく・丁寧にご説明をさせていただくことを心掛けています。

当院がご紹介する手術の特徴

当院は、手術後の痛みや動けないストレスが最小限になるよう心掛け、「痛みゼロ」の手術を目標としています。

POINT1:当院がご紹介させていただく手術は、原則全身麻酔で行っています。

全身麻酔を行うことで、眠っている間に手術が終わるので手術中に患者さんに一切我慢していただくことがなく、精神的にも負担が少ない麻酔です。
手術中は麻酔科専門医が麻酔を行い、手術は関節専門医が行いますので、ご安心ください。

POINT2:全身麻酔と併用して局所神経ブロック麻酔を留置致します。

局所神経ブロック麻酔は、手術する部位を支配している神経の近くに麻酔薬を手術中からリハビリ中も持続的に投与することで痛みを最小限に抑えます。また、従来の硬膜外麻酔のように手術しない部位まで麻酔が及ぶことがないので、手術翌日からリハビリを開始することが可能となります。
手術の内容によっては、局所神経ブロック麻酔を続ける期間を決めていますが、多くの場合、手術後2日間が最も痛みが強い時期のため、その期間の痛みをしっかり抑えることで脳での痛みの感じやすさを正常化させることができます。
また、手術後の痛みが少ないと回復が早いという報告も増えており、患者さんから「手術をしたから痛みがあるのは当たり前!」ではなく、「手術をしたけど、麻酔をしっかりしているから痛みがないのが当たり前!」と言っていただけるように工夫を重ねていきたいと考えています。

麻酔だけで痛みのコントロールが不足する場合は、副作用の少ない注射や内服薬を追加することで痛みを抑えることが可能ですので、痛みがありましたら、我慢せずにお気軽にお声かけください。

リハビリについて

整形外科疾患の治療には適切なリハビリがとても重要です。
患者さんの病態に応じて、医師の診断の元、リハビリを選択し、当院では、専門の理学療法士が高度で専門的な質の高いリハビリテーションを提供しています。
手術が上手くいっても、術後のリハビリが上手くいかないと患者さんにとって、理想の結果には繋がりません。やはり、「手術」・「リハビリ」が上手くいくことが理想の結果に繋がります。
当院は常に患者さんの理想の結果へ導くことができるように、スタッフの自己研鑽による技術の習得だけでなく、定期的に講師を招き、実技講習会などを行うことで、最新の技術の習得を行っております。このような、日々の努力を重ねることで患者さんに最適なリハビリテーションのご提供が可能になっております。

当院の対応手術について

当院では患者さんがお悩みの疾患に応じて、最適な手術をご提案することが可能です。

対応疾患一覧

膝の疾患

疾患 治療法
半月板損傷 関節鏡視下半月板切除術、関節鏡視下半月板修復術
前十字靭帯損傷(ACL損傷) 関節鏡視下前十字靭帯再建術(ACL再建術)
内側側副靭帯損傷(MCL損傷) 関節鏡視下内側側副靭帯再建術(MCL再建術)
後十字靭帯損傷(PCL損傷) 関節鏡視下後十字靭帯再建術(PCL再建術)
反復性膝蓋骨脱臼 関節鏡視下MPFL再建術
骨軟骨損傷 関節鏡視下培養軟骨移植術(再生医療)、骨軟骨柱移植術
半月板変性、軽度の変形性膝関節症 関節鏡視下半月板切除術、関節鏡視下半月板修復術
内反膝・軽度の変形性膝関節症・骨壊死 脛骨高位骨切り術(HTO)+関節鏡視下半月板手術
内側の変形性膝関節症 UKA(人工膝関節片置換術)
高度の変形性膝関節症 TKA(人工膝関節全置換術)

肩の疾患

疾患 治療法
反復性肩脱臼 関節鏡視下Bankart修復術(ABR)、関節鏡視下Bankart-Bristow術
拘縮肩 関節鏡視下受動術
腱板損傷・腱板断裂 関節鏡視下腱板修復術、関節鏡視下関節包再建術、リバース型人工肩関節(RSA)
変形性肩関節症 人工肩関節(TSA)、リバース型人工肩関節(RSA)

股の疾患

疾患 治療法
変形性股関節症 人工股関節置換術(THA)